LIKEはLOVEと近くて遠くて

すべてはほんとでうそかもね

2年間の旅路に寄せて

新生FF14エオルゼアに降り立ち、とうとう2年がたとうとしています。

 

お友達がプレイしてるのを興味深く聞いていて興味深くなりすぎたのと、バレンタインのイベントが可愛すぎるらしいのにホイホイされて、2014/2/13の早朝にゲームを始めました。
RPGになかなかハマれなかった私が「ゲーム内に自分がいるのに違う世界がある」のにカルチャーショックを覚えて、アクションゲームが苦手な私でも思ったより難しくなくてとっつきやすい操作感がわかりやすくて、分からないところを教えてくれるお友達がいたのがありがたくて。
っていうのももちろんなんですが、なにより景色が綺麗で、オンラインになればすぐに旅行ができる感覚が大好きで、今も飽きずに旅を続けられています。
景色がすごく綺麗だからスクショを撮るのが楽しくて、専用Tumblrまではじめちゃったりして、そんな私がわいわいやってるのを見て気になるってはじめてくれるお友達がいたりして、なんか旅行楽しくて写真撮って写真日記をやってたら一緒にいきたいって声かけてもらえて旅友達が増えた、みたいなやつですね。
そういう、自分がやってることをいいねって面白がってくれるお友達がいて、一緒に遊べることもすごく嬉しいなーってしみじみ思いました。

 

自分に似せて作ったキャラクターと一緒にエオルゼア中を歩き回り、走り回り、時折倒れたり、立ち止まったりしながら、これからも旅行が続いて行くんだと思う。

 

f:id:runan1242:20160204163017j:plain

これは新生FF14サービスインから2年目にありがとう的にアップしたスクショ。
この記事にもふさわしいかなと貼っておきます。

 

2年目の終わりの日に。